入居系介護施設への入居を考えるタイミング

subpage01

介護施設には様々な種類があります。
そのひとつが入居系施設です。


これはたとえば特別養護老人ホームや介護老人保健施設などが挙げられます。
利用者が施設に入居して、そこを拠点として生活を送ると言う意味合いを持った介護施設です。



介護老人保健施設の場合は、入居期間がある程度は区切られてしますが、特別養護老人ホームの場合は終の棲家としての役割もあります。

ではこのような入居系介護施設への入居が考えられるタイミングとしては、どのようなタイミングが挙げられるかと言うと、まずは比較的、介護度が重くなった場合です。介護に関しては勿論のこと、特に医療的ケアが必要になった場合、自宅でできることには限度があります。



入居系介護施設であれば、医療的ケアに関しても受けられることが多いので、このような時には入居を考えるタイミングだと言うことができます。

それから、介護をしてくれる人がいないと言う場合です。たとえ同居している家族であっても、介護に関してできること、そしてその範囲と言うのは限られています。



そのために仕事を辞めてしまい、収入が途絶えてしまった、そして生活に支障が出てきたとなれば元も子もありません。


よってこのような時には、やはり施設への入居を考えた方がベターだと判断できます。


それから病院から退院して、在宅復帰を目指す時もひとつのタイミングです。


これは特に介護老人保健施設に言えることですが、このような入居系施設では在宅復帰のためのリハビリなど受けることができます。


よってよりスムーズな在宅復帰を目指す際にも、入居することで機能を改善などを果たすことがてきます。