介護施設は厳密には3種類です

subpage01

介護施設というと、色々なものがあると思われがちです。



しかしながら、正確には3つのみを介護施設と呼びます。


無論、便宜上施設に見えなくはないものもあるため、こうしたものを介護施設と呼んでいるケースも多いです。厳密には3施設とよく呼びますが、3種類を介護施設と分類します。


その他は全て在宅系のサービスです。
この3施設とは介護療養型医療施設、介護老人保健施設いわゆる老健、そして介護老人福祉施設一般的には特別養護老人ホームと呼んでいます。この3つのみを施設として見るものです。
介護療養型医療施設は医療機関の病床のうち、介護保険でも使用してもいいと認められているものだけになります。


厚生労働省の方針で、この療養病床に類するものは原則として新規認定は受けられません。
いずれは無くなっていくとみられるものとなります。


介護老人保健施設いわゆる老健は、介護を受けながらリハビリも受ける医療と介護の中間的な位置付けを持つ施設です。


リハビリテーションが必要な要介護者を受け入れています。介護老人福祉施設は一般的には特別養護老人ホームと言われます。



特養とよく言われているものです。


この施設では医療の必要性があまりなく、入院等の必要性が無い人で介護が必要な人を受け入れているところです。


かつては要介護1以上の人が条件でしたが、現在では要介護3以上の人と条件が厳しくなりました。空きが無かったことで待機者が大勢いたことでも知られていた施設です。