介護施設で働きたい場合〜介護資格

subpage01

介護施設で働きたいと言う場合、活躍が期待される職種や資格は様々な種類のものがあります。



その中でもまず介護資格に限ってみると、実は慢性的な人手不足が続いていると言うこともあって資格は不要と言う介護施設も少なくはないのが現状です。

ただ介護資格を持っていた方が優遇されたり、資格手当がつくことも多いので持っていた方が得と言うのは確かなことです。



最も基本的な介護資格としては、介護職員初任者研修と呼ばれる資格が挙げられます。

初めて介護の世界に触れる人が知っておきたい、基本的な知識と技術を学ぶことができる資格で、研修を修了して試験に合格することで得ることができる資格です。そしてこの資格を有したうえで訪問介護や介護施設での実務経験を定められた年数と日数、重ね、実務者研修と呼ばれる研修を修了すると、国家資格である介護福祉士の受験資格を得ることができます。


介護福祉士は、実践業務に関わる介護資格の中でも現状ではトップに位置している資格です。
そのため管理職的な立場を任されることが多い傾向にあります。介護福祉士を一定人数以上、配置している介護施設には加算手当が実行されるので、とてもニーズが高い介護資格です。それから社会福祉士やケアマネージャーも介護資格に該当します。
このふたつは身体介護に従事すると言うよりは、その人にとってどのような介護が必要かと言ったことや、そのために必要な事務手続きなどを任させることが多い資格です。



社会福祉士は国家資格ですが、ケアマネージャーも介護職員初任者研修から目指すことができる資格です。
またより取得しやすい資格としては、レクリエーション介護士や介護予防運動指導員などが挙げられます。